御身体の痛みのことでお悩みの方は、ご相談ください。
自己判断はより病状を複雑にしかねないので、早めのご来院をオススメします。
鍼施術は痛くない

「ハリ」と聞いて注射針やハチの針、縫い針などをイメージする方は多く、鍼施術に使用する「鍼」に対しても刺さると強い痛みがあると考えられがちです。

しかし鍼を使用した鍼施術は、ほとんど痛みを感じることはありません。下記では、鍼施術がどうして痛みを感じにくいのか、その理由を解説します。

先端が丸みを帯びている

注射針の先端はカッターの刃のような形状になっています。このような鋭く尖った形状は組織を切り裂いて入っていくため、痛みを感じやすいです。

一方の鍼は先端が丸みを帯びているため鍼先の抵抗が少なく、組織を切り裂かず押し広げて入っていきます。そのため、痛みを感じさせることなくスムーズに入るのです。

鍼が細い

鍼施術で使用される鍼は、注射針とは違って非常に細いです。その細さは0.1mm~0.2mmで、髪の毛と同程度になります。この鍼の細さが、先端の丸みと同様に鍼先の抵抗を少なくしているため、痛みを感じにくいのです。また細さに加え、鍼には注射針や縫い針にはない弾力性があります。その弾力性も痛みを感じにくくするための要因の1つに挙げられます。

刺す「技術」

鍼施術は痛くない

鍼灸に詳しくない、あるいは鍼施術を受けたことがない方の中には、鍼をゆっくり「ブスリ」と刺すイメージをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。実は鍼施術ではそのような刺し方をしません。

鍼施術では鍼管(しんかん)という細い管に鍼を入れ、鍼管の上部に出ている針を数回に分けて「素早く」、そして「少しずつ」刺していきます。こうした鍼を刺す「技術」が痛みを感じにくくし、快適に施術時間を過ごして頂くことに繋がっているのです。

鍼施術はこれらの工夫と技術により、痛みを感じにくい施術となっています。「痛そう」「怖い」というイメージをお持ちの方も、安心して鍼施術を受けにいらしてください。

船越町にある当院では、体の痛みや違和感にアプローチする鍼灸施術を行っています。
当院で使用する鍼は全て使い捨てのディスポ鍼で、また髪の毛と同程度の細い鍼を使用していますので、痛みをほとんど感じることなく施術を受けられます。

当院では鍼灸施術だけでなく、マッサージや整体などの施術も行っていますので、腰痛肩こり五十肩、スポーツ外傷自律神経の不調などでお悩み・お困りの方も、お気軽に当院まで足をお運びください。

当院では鍼灸施術だけでなく、マッサージや整体などの施術も行っていますので、腰痛肩こり五十肩、スポーツ外傷自律神経の不調などでお悩み・お困りの方も、お気軽に当院まで足をお運びください。

ホーム » 鍼施術は痛くない

▲PAGE TOP